07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

春みーつけた!

2009年02月21日
池上梅園、本門寺、養源寺と池上をお散歩したら、
たくさんの春を見つけることができました。
haru4 haru3
haru5 haru1
お花のパワーをたくさんいただきました!

春は、気温が徐々に上昇し、草木が芽吹いてのびやかにエネルギーを
のばす季節。
体内も、気の流れをよくして、エネルギーをのびやかにさせることが
必要だそうです。
中医学でいうと、気の流れを調節するのは「肝」の働きです。
だから「肝」の働きをよくすることをやってあげると、
体の調子が整います。

リフレクソロジーでは、肝臓と胆のうの反射区をよく揉んであげるといいでしょう。
kanzo
上図の黒いところが肝臓の反射区で、その中の小さい白い丸が胆のうの反射区です。
右足にしかありません。

食べ物では、気の流れを良くする、
そば、だいこん、油菜、香菜、せり、セロリ、たけのこ
などがいいそうです。

また、「肝」の調整をするには酸味をとるとよく、
酢の物や味のアクセントにレモンなどを使うのがいいそうです。
いいからと言って、取りすぎると逆効果。
たとえば毎日お酢を飲んだりするのは取りすぎになります。

リフレと食べ物で、春を快適に過ごしてみてはいかがですか?
ぜひお試しください。
スポンサーサイト
健康 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
気学とも通じますね。
春は三碧木星の季節。
木気は酸味という意味があります。
中医学でも酸味がよいのですね。
また、三碧木星は早朝のエネルギーなので、
酸味を朝早くに取ると、一日が元気にスタートできるのでおススメなのです。
でも、取りすぎはダメなのですね。参考になりました~。
夏海様
陰陽五行論を知ると、
面白くてそして役立ちますよね。
春に気が上昇しすぎて、のぼせや高血圧などの
症状の方には、特に酸味はいいそうです。
逆に気がうまく回らず、鬱っぽくなってしまうと
5月病などになりやすく、そうゆう場合は
酸味は避けた方がいいそうです。
奥が深いです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。