09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

冬至

2008年12月22日
12月21日は冬至。
1年で一番昼が短い日です。
そして無病息災をお祈りして、カボチャを食べ柚子湯に入りました。
冬至
カボチャのお皿は、陶芸の会で作った作品で、お気に入りです!

カボチャはじつは夏の食べ物なんですって。
カロチンやビタミンを多く含むので、冬の栄養補給にはピッタリのようです。

柚子はこのブログのタイトル「柚子の花」が咲いた後に実をつけ、
病邪を追い払うといわれているそうです。
最近はアロマオイルにも「柚子」があり、効能は新陳代謝を活発にして血管を拡張させて
血行を促進します。鎮痛、殺菌効果もあります。
体が温まり風邪も治るそうで、昔からの言い伝えには根拠があってのことなんですね。

でもなんで食べるのではなくお風呂に入れるのかというと、
湯につかって病を治す湯治(とうじ)と冬至(とうじ)からきているそうです。
なるほど!
また柚子(ゆず)は「融通(ゆうずう)がききますように!」
という願いがこめられているそうです。
どちらも、なんとも日本人らしい発想ですよね。

この風習は奥深くおもしろいです。
このブログのタイトル「柚子の花」をますます気に入りました!
スポンサーサイト
季節の行事 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
NoTitle
なるほど~。。
湯治に、融通。
知れば知るほど面白いですね!
柚子の香りは大人になってから大好きになりました。
アロマオイルの柚子も魅力的☆
「柚子の花」もますます素敵に見えてきました♪
夏海様
日本の風習っていろいろあるけど、
知らないことがまだまだありそうですね。
子供の日に菖蒲湯に入るのは、勝負運があがること
を祈ってなんですって!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。